忍者ブログ
Fly High
徒然なるままに書き連ねていきます。
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、火曜日から上京していた祖父母が、北の大地へと帰っていった。
実は、その関係で、昨日の午後から休んで、終日、行動を共にした。

今日は、東京国立博物館で開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像」を観に行った。
先週は、叔父と叔母が、やはりこの展示を観に来て、観劇して帰っていったのだが、正直、そんなに興味が無かった。
ま、観てみたいかな~と思っていたのは、大目玉の「受胎告知」では無く、「人体解剖図」とか「ウィトウィウス的人体図」系…。

平日で、開館早々に入場したこともあって、殆んど並ばずに堪能。
でも「受胎告知」を鑑賞しても、特に…。
昔から、絵画を見るのが苦手で…そのくせ、日本画とかは好きだったりするのだが。
だから、「受胎告知」を見ても、それほどの感想を抱かなかったのかと。

むしろ、私が観て面白いと思ったのは、数々の素描。
幾何学的だったり、物理的だったり…。
あぁ、巨大ブロンズ像の製作構想も凄かったな~。
あと、やっぱり、凄いのは人体解剖図だったり、人(筋肉)のスケッチかな。
スケッチは好きだけど、絵画になると…。
まとめると、第2会場の展示は、個人的に面白かった。
ということで、当初は図録を買わない予定だったのだが、結局、今回も購入。
今度、趣味に「図録収集」って書こうか?ってぐらい、図録を買い集めているような気がする…
この間も、山梨で3冊ほど購入したし!(汗)

レオナルド・ダ・ヴィンチって凄いのかもしれない!ということに、今日気がついた。
あとで、図録でもう一度、勉強しよう。

ってか、幾何学的・物理学的なところに惹かれる辺り、やっぱり理系なのかな???
それにしても、ダ・ヴィンチの書いた人間の肉のつき方、格好良い!!
理想的な肉の付き方ですよ!あれは!!!(爆)
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
ブログ内検索
QRコード
おまけ
忍者ブログ [PR]