忍者ブログ
Fly High
徒然なるままに書き連ねていきます。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甲子園の優勝校が決定すると夏の終わりが訪れる、確かに、日本にはどこかそういう風潮があるかもしれません。
現に、雪国ではもう夏休みが終わり、子供達は元気に学校へ通っていることでしょう。そして、それ以外の地域でも、夏休みはボチボチ終わりに差し掛かってきて、まだ終えていない大量の宿題を目の前に日々健闘している子供がワンサカいることでしょう!

かく言う私は、"夏休みって何?"って言うくらいの生活なので、宿題の山とは格闘しておりません。その代わりに、この夏行っている実験の病理標本と闘わねばなりません。まあ、ある意味、これが宿題ってこと??

何はともかく、本日無事、9回で(下手したら15回って可能性もあったわけだ!)決着がつきまして、早稲田実業の優勝で閉幕しましたが、皆さん言っているように駒大苫小牧の準優勝も優勝に匹敵するものであったと思います。本当に、決勝戦は"投手戦"と言うのがふさわしいくらいの試合展開となりましたが、これは球界にとって楽しみな人材がいることを、野球ファンのみならず、多くの人に知らしめたのではないでしょうか。

特定のチームを応援している身としては、是非、今日の決勝を投げ抜いた二人には高校卒業どういう進路をとるにせよ、ゆくゆくはご贔屓の球団にきて欲しいと思うわけで・・・。多分、これは日本中のプロ野球ファンが思っていることでしょう。

でもね、道産子の血を引く私としては、駒大の田中くんには是非、ヤクルトに入って欲しい!と思うのです。と言うのも、ポスト・古田として日々成長している米野選手は札幌出身(北照高)の捕手なのです。ここに、道産子投手の田中くんがチームメイトとなると、夢の道産子バッテリーが誕生するわけです!道産子プロ野球選手がまだまだ少ない中、道産子バッテリーが実現したら、先ず、北海道民が喜ぶと思うんですよ。ちょっと、これは個人的に見たいバッテリーなんだけどな・・・。

そして、早実の齋藤くん。勉強も頑張っているそうなので、もし、大学に進学したいなら、自分の意思で大学進学を決めて欲しい。(そうなったら早大かな~)で、4年後のドラフトで是非、ヤクルトへ!!4年間、神宮球場で戦って、4年後は神宮球場をホームに・・・なんてことを楽しみにしているのですが!!
ここで一躍ヒーローとなった彼を、同年代の女の子達は放っておかないんじゃないかな??多分、6大学野球は齋藤くん目当ての女の子で、観戦者増えるんじゃない??6大学からプロ入りした日には、彼目当てで新しいファン層を獲得できるかもしれない!どの球団へ行こうとも、プロ野球界にとっては明るい未来を持って来てくれるかもしれない人材ってこったな。

でも・・・プロ入りしないで、草野球チームに所属しちゃったらどうする??
なんだったら、茨城GGに入団してくれても良いけど!?

勿論、早実の優勝は齋藤くんだけがもぎ取ったものではありません。早実ナインと駒大ナイン、それからそれぞれの応援団と、準決勝まで対戦してきた学校の存在があって、この結果となったものです。それを、傍観している側も忘れないように!
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
最新TB
ブログ内検索
QRコード
おまけ
忍者ブログ [PR]